広告とマーケティングの間

広告とマーケティングの間の話をメインにします

完全に作られているリンゴ

なんか最近やたらとWebとかテレビ、特にテレビでやたら【リンゴ】を見るな


完全に香川のうどんと同じ手法で、どっかのPR会社がPRしているとしか思えないんだよな。
映画制作も含めてね。

無理やり感動話を書籍化して、それを映画化⇒ワードPRって本当に良くある手法だよね。

映画化すれば大々的に広告とかを打てるし、ユーザーには受け入れられやすい。

こーゆーね、PR会社とステマの間みたいなコトに踊らされてるやつが多くて本当に嫌になる。

いくらインターネットが普及して、ユーザーが自分で物事を判断する時代だとか、総合広告代理店ではパッとしなくて、インタラクティブ部門に配属になってる大企業のおっさんが言っても、結局はテレビとかの影響をもろに受けちゃうだよな。

⚪⚪ブームとかくると、いつもPR会社のいやらしい手法に踊らされてたまるかって思うのは僕だけでしょうか。

めざましへのネゴとか、王様のブランチへのネゴとか。
完全に餃子の王将を思い出しました。
広告を非表示にする