広告とマーケティングの間

広告とマーケティングの間の話をメインにします

広告出稿担当者は素直であれ

広告出稿担当者は素直になれよ
自分が例えば広告出稿側の担当者だったら、完全に広告代理店の持ってきた提案とか信用しない。

自社の商品の事もロクに知らないのに、知ったふりして提案されても信用出来ないし、今までに下手に色々なクライアントと案件をみてきたから、こうやってエンゲージメントを図っていきましょうとか言われると、変なプライドが出てくる。

これがマジでいらない


いや、一旦まっさらな気持ちで聞いて判断した結果で違うなら全然良い。
頭ごなしに、最初から信用してないパターンがある。

個人的な感覚としては、8割ぐらいの提案側は自社の目標やコミットした商品とか、社内で評価されそうな商品を無理やりクライアントの商品に合ったようにして提案して、それっぽい事を言ってくる。

ただ、残りの2割は本当にクライアントの事を考えて、その結果コレが良いというモノを提案してくれる。

過去の8割の印象や、自分の持っている小さな世界での価値観のせいで、コレさえも疑ってかかり信用しないパターンが多いと思う。

昔から営業は悪とか買いたくないモノを買わされるというイメージがあるからか。

いずれにしてもクライアントの出稿担当者は素直に一旦全てを信用して聞いて判断をするべきだと。


広告を非表示にする