広告とマーケティングの間

広告とマーケティングの間の話をメインにします

リブセンスのオウンドメディア?がひどすぎた

昨日書いた表参道と青山一丁目の間の電波が悪い件 - 広告とマーケティングの間は案の定、「表参道 青山一丁目 電波 悪い」で1位を獲得している。「表参道 青山一丁目 電波」で1位を目指したい。
更に強めるために貼っておこう。
さすがパブサブハバブだ。はてなブログ万歳。

ちょっと今、オウンドメディアについて色々と調べていた。
やっぱりオウンドメディアは業種によってはやらない手はないだろう。

人材なんかは盛んで、スマホだからリンクは貼らないけど、@typeもエンジャパンもファインドジョブもやってる。

そんなのを調べながら、オウンドメディアで紹介されていたリブセンスのオウンドメディアを見た。

ただの広報ブログじゃねーか。

これだったらやんなくてもいいよ。採用目的のオウンドメディアだからって広報ブログやっとけばいいんじゃねーんだぞ。

ユーザーとの双方向のコミュニケーションやココの記事は面白い=良い会社みたいなブランディングの為のオウンドメディアなら、広報ブログほど不向きなものはない。

そもそも面白くない。
ただ、どっかのページの紹介の仕方がオウンドメディアだったのが間違いの可能性もある。
いずれにしても、リブセンスインフォ?はオウンドメディアではない。ただの広報ブログだ。

がんばれ!


広告を非表示にする